テーマ:パトリック・チャン

パトリック・チャン<フィギュアスケートの次はワインをつくる>

ロシア人ジャーナリストによるロングインタビュー。銀メダルに終わったソチ五輪こと、学業との両立について、コーチの役割とは、ワインへの思いなどいろんなことを語っていますが、その中から4Aについての部分を少しだけ。英語→ロシア語→素人和訳なので、さらっと読んでいただければ。 2019年12月30日 エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミーシン<4回転ルッツかフリップが美に勝つ>

3/27 0:32 訳し忘れている部分等に気づいたので、全体に少し手を入れました。 ミーシン先生の電話インタビュー。いつもの教授という感じですが、パトリックの振付をさらっと褒めていらっしゃるところで「おっ」と思いました(^^) 2017年3月25日 アナトーリー・サモフヴァロフ アレクセイ・ミーシン 世界選手権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーシン<ハニュウの記録を打ち破るのは、さらに多くの4回転を跳ぶ者>

こちらはFS終了後。羽生選手の322点についてクドリャフツェフ、ミーシン、ウルマノフの3人のコーチへの取材記事。ミーシン先生の部分のみ訳してみました。ちょっと分かりにくいですが… 2015年11月28日 アンドレイ・シモネンコ ミーシン ハニュウの記録を打ち破るのは、さらに多くの4回転ジャンプを跳ぶ者  打ち破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランコフ<グランプリ・ファイナルは中止すべき>

SPの結果をそのまま採用するか、ファイナルを中止するか…。全員にとって理想的な案なんてないでしょうし、難しいですね。テロが憎い。 2015年11月14日、ボルドー(フランス) タス通信アルチョム・クズネッツォフ記者 マクシム・トランコフ フィギュアスケートのグランプリ・ファイナルは、テロ犠牲者への服喪のため中止すべき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミーシン<羽生は五輪チャンピオンになれる>

ジェーニャのテストスケートがメインの記事なのですが、すでにネット上に訳も出ている(本物のプルシェンコだった!等)ので、後半のソチ五輪展望部分だけ訳してみました。ニュアンスの違いはどうかご容赦を。タイトルも私が勝手につけています。 2014年1月21日 ワレリヤ・ミロノワ アレクセイ・ミーシン ハニュウは五輪チャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラソワ<ぬいぐるみになってリンクへ飛びこみたかった>

元記事はもっと長いインタビューで、あまりきちんと読んでいませんが、今タラソワコーチは不眠に陥っているそうです。ロステレコム杯でロシアの選手たちがみんなミスをして、それが不満でよく眠れないのだとか。これ以上ミスは許されない、ミスをしないということをヴォロトラが教えてくれている、イリカツがファイナルに残れなかったのは不公平、でも観客はバカじ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

チャンはもう釣りに行かないか?(下)

 確かに、チャンはこの4年間で3度世界選手権を制しており、バンクーバー五輪のときはまだ18歳だったことが何だかすっかり忘れられている。1年前、コロラドスプリングスからデトロイトへ移る際、パトリックは母親を連れて行ったが、これをきっかけにリンクでジョークが生まれた。「ねえ、君はお母さんを連れていかなくちゃいけないほどまだ子どもなの?」 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

チャンはもう釣りに行かないか?(上)

エリック・ボンパール杯終了!Pチャンの演技は圧巻でしたね!!4Tも安定したように見えますが、プルシェンコの域に達したのでしょうか?もう釣りをする必要はないのでしょうか? 2013年11月16日 エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ チャンはもう釣りに行かないか?  (前文略:エリック杯でPチャンが世界最高得点を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

<自分の力で勝ち取った銀メダル(下)>デニス・テン

 ― チャンの演技は見ていましたか?  僕はパトリックがどんな滑りをしたか知らなかったので、自分の得点が出ても、フリーで彼を上回ったことが分かりませんでした。チャンの演技は見ていませんでしたが、音楽は聞こえていました。彼の使っている曲はとてもよく知っているんです。アクセルを跳ぶメロディーのところで観客の反応が聞こえてきて、パトリッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デニス・テンはこんな結末を予想していなかった

カザフスタンのデニス・テン君の母国語はロシア語です! (これはプレカンの内容なので、英語で喋っているかもしれません) 2013年3月16日、ロンドン(カナダ) アンドレイ・シモネンコ フィギュアスケートのテン選手は 今シーズンが世界選手権の銀メダルで 終わるとは予想していなかった  世界フィギュアスケート選…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

<プルシェンコのストーリーは明快(下)>ミーシン

1/24 1:20 ひとつ間違いに気づきましたので赤字で訂正しました。 カナディアン・ナショナルでP・チャンがSP100点越え! さきほどJスポで見ましたが、完璧な演技でしたね。 それでもミーシン教授の発言に変化は起きなさそうですが… かなり悪戦苦闘しながら訳しましたので、ん?と思う所があれば 遠慮なくご指摘くださいませ&…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

<僕のストーリーはまだ終わっていない>トマシュ・ベルネル

トマシュ・ベルネル選手のロングインタビュー。 元は英語だと思いますが、とても楽しくて良い内容なので 一部抜粋してご紹介したいと思います。 プルシェンコのことが本当に大好きなんですね~ (笑) 2011年5月4日 マリア・ニクラシュキナ トマシュ・ベルネル 僕のストーリーはまだ終わっていない  (ヨーロッパ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

<神のように滑りたい(下)>アルトゥール・ガチンスキー

インタビュー前半で「試合でも全然あがらない」と言っていたのに、どうやらママは別枠のようですね~。憧れの選手についても、同時期の別のインタビューで「プルシェンコ」と答えていたので、こちらも別枠なのかも。ソチ五輪ではぜひ「神対決」を見せてほしいです☆  ― 自分はどんな性格?  いい性格ですよ、すごくバランスが取れていて…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

<ガチンスキーはエリートの仲間入りをした>アレクセイ・ミーシン

4/28 1:30 短い記事なのに、ものすごく難しくてカッコだらけに。 読みにくいかと思いますが、誤訳を避ける(減らす)ためですので どうかご了承くださいませ。 P・チャンすごかったですね…息が凍りそうになるぐらいすごかった… 男子が始まる前にこちらを先に訳したいと思います! が、ちょっとお疲れモードなので、とりあえず今…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

<ロシアのスケーターが飴で育てられたことはない(中)>アレクセイ・ウルマノフ

5/11 「職人」という訳が適当ではなかったので、訂正・補足説明しています。 4/24 19:30 すみません、一段落訳し忘れていたので追加しました(^^; キビシイご意見が続きますが… 日本男子は今までどおり強いとお考えのようです^^ 高橋君と小塚君はモスクワに到着したとのこと、 とにかく自分の力を出し切ってほしいと…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

<ロシア杯総括(2)>タチヤナ・タラソワ

ダイエットではっとするほどお美しくなられたタラソワコーチ。今回たくさんインタビューが出ていて訳しきれないのですが、全体的に「良いコーチ、良い練習環境」を褒め、「悪いコーチ、悪い練習環境」を批判するという切り口が主になっている印象です。レオノワのコーチに対してはかなり手厳しく、マカロワのコーチ陣に対しては褒めながらもひとつ釘をさす。川口さ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

<ソチはベテランにとって厳しいものになる>ヴィクトル・ペトレンコ

12/13 クロスオーバーとは、 「コーナーでの方向転換の際に使われるフォアやバックのクロスのこと」 だそうです。Juliaさん、ありがとうございました! クロスオーバーのところはちょっと怪しいです。 いわゆる「漕ぐ」ということでしょうか? ロシア人はだいたいスケートができるらしいので スケート用語の説明も要らないという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルシェンコとチャン:誰が誰を恐れているか?

プルシェンコはSP終了後まで何も喋らないそうですが 口チャックした方が良いのは、むしろチャンの方ですよね。 というより、誰か周囲の大人が止めてあげれば良いのに… プルシェンコ陣営は本当にびくともしていない気がします。 それにしても、オリンピックだから当たり前なのですが どんどん出てくる情報の量とスピードについていけません。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

<プルシェンコは固い乾パンではない>アレクセイ・ミーシン

あくまでもジェーニャを愛し、男子を愛する教授。 相変わらず比喩がステキすぎます。 日本男子は3人の名前が挙がってますね! アレクセイ・ミーシン プルシェンコは固い乾パンではない  エフゲーニー・プルシェンコのコーチ、アレクセイ・ミーシンは、男子シングルにはきら星の如き天才たちが集まっていると考えている。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more